飲み友達がストーカーに

去年の始め頃、どうしても学びたい言語があったので語学学校に通うことにしました。

私が取っていたクラスは夜間に学ぶクラスでしたが、久しぶりに学生時代に帰ったかのようなワクワクした気持ちで勉強を楽しんでいました。

クラスメイトも社会人がほとんどで、みんな仕事が終わってからも学校に通う気力がある、タフな人たちの集まりでした。

その中でも、ものすごく頭の切れる話の面白い男性がいました。

休み時間にたまたま二人きりになることがあって、自然な形で番号を聞かれました。

その日の学校が終わって家に帰る途中、彼からメッセージが届きました。

今後の学校終わりに一緒に飲みに行こう、というものでした。

仕事の事で色々聞きたいこともあったので即OKし、それを機に頻繁に飲みに行く仲になりました。

一度だけ一線を越えてしまった事がありましたが、お互い大人ですし何でも話せる飲み友達の関係を続けていました。

でもあることがきっかけでその彼が、私の彼氏の会社の社長と仲の良い友人であることが判明しました。

何のつながりもない場所でたまたま出会った相手だったので、しばらく色々な意味でショックでした。

その後なぜか彼から告白され、その社長にも協力してもらって、私と付き合いたいと言い出し、ある意味修羅場になりました。

私は彼氏が居ましたし、その彼とはいい飲み友達のままで居たかったのですが、日に日にアプローチがしつこくなり興ざめしていきました。

結局相当ややこしいことになったので、一切連絡を取らないようにしました。

いい飲み友達がストーカーのようになって、とても嫌な思い出になりました。

結局その人とは、あれ以来一度も会っていません。

2015年11月16日 飲み友達がストーカーに はコメントを受け付けていません。 ストーカー